佐川町の造り酒屋「岸家」の一人息子として生まれた牧野さんですが、お酒はまったく飲めず、下戸で甘党だったようです。

そのおかげで東京飯田町の小さな菓子屋の娘さんだった寿衛子さんに一目惚れし、結婚に至りました。

また、ハイカラ好みの牧野さんはコーヒーと紅茶が好きで、どんなに貧乏な時でも、戦争中でそれどころじゃない時も、コーヒーをちゃんと豆のまま買ってきて、自分でもう一度煎り、ドリップで淹れるという本格派。どんな貧乏な時でもこれは欠かさぬ手順だったそうです。