妻の寿衛子さんは「まるで道楽息子を一人抱えているようだ」と、牧野さんによく冗談で言っていたそうですが、おそらく本音だった
かもしれません。大正8年 (1919)、寿衛子さんは意を決し、万年講師の牧野さんと苦しい家計を支えるために渋谷の荒木山に小さ
な一軒家を借り受けて水商売を始めます。それが「待合いまむら」。

待合茶屋とは大正時代に流行っていたサービス業で、待ち合わせたお客さんのオーダーによって料理を頼んだり、芸妓さんを呼んで宴
席をする部屋貸しシステムで、男性たちの政治的な会合から男女の密会にも使われる大人の遊興サロンのようでもあったようです。

当時は「待合政治」という言葉もあり、寿衛子さんが待合「いまむら」を開店していたのはその待合政治華やかなりし頃でもあり、寿衛子さんの真面目な経営手腕で純利益は毎月60円あったと言われています。しかし大学の先生の妻が水商売をするとはけしからん!と、世間の非難を浴びることになり、店を閉じています。

その後、寿衛子さんは苦労の中、昭和3年に亡くなりました。牧野さんはその愛妻の名を「スエコザサ」という学名に永遠に残しています。