三菱に肩代わりしてもらい、チャラになったはずの借金も、文献の購入や調査旅行、研究費に膨大なお金がかかるため、家計は常に
火の車。借金はまた、どんどん増えて行きました。

牧野さんは「大正5年 (1916 )の頃、いよいよ困ってほとんど絶体絶命になってしまったことがある」と綴っています。この時、牧野さん54歳。その借金の額は3万円、現在の2億円に相当します。(諸説あります)

貴重な標本や蔵書を売らざるを得ないほどの大ピンチを救ってくれたのは、京都大学に通う神戸市在住の25歳、大学生池長孟さん。牧野さんの窮状を報じた新聞記事がきっかけでした。池長さんは資産家の養子として養父の莫大な財産を相続していたのです。10万点の標本を牧野さんから買い取り、借金の肩をつけ、その標本を牧野さんに寄贈する、牧野家にも月々若干の援助をするーなど、池長さん、まるで天使の振る舞いです。

この若い篤志家の申し出を受けた理由について、牧野さんは何も書き残してはいないようです。それにしても絶体絶命になっても、奇跡のように誰かが手を差し伸べてくれる。牧野さんは「もってる男」でもあったようです。