名は富太郎だけど、貧太郎だと自分を笑うほど、牧野さんには貧乏とお金の話が付きまといます。牧野さんが、東京帝国大学理学大学に
出入りするようになり、ようやく「助手」として正式に採用されたのは31歳の時でした。

その初任給が月俸15円。現在に換算すると15万円ほどです。その助手から講師に昇格したのは50歳の時で、月給もようやく30円になっていますが、それまでの20年間、月給はずっと15万円のまま据え置き状態でした。

牧野さんはお喋りも楽しい人で採集会や講演会はとても人気があり、その謝礼による副収入もありましたが、とてもまかなってゆけるものではなく、「左の手で貧乏、右手で学問を戦う」日々だったと語っています。そして牧野さんが東大を辞職した77歳そのころのサラリーは75円で、大学講師としては最高の月給取りで異例中の異例だったとも言われています。