高知県佐川町

「自由は土佐の山間より」といわれるほど、自由民権運動が活発だった。自由党の創始者である板垣退助は土佐の出身ということもあり、土佐は自由党の国だった。

まきのさんも自由党員で、政治結社『佐川公正社』の副社長を務めるほど、熱心な活動をしていた。懇親会で何度も演説し、新聞記事に掲載されたり、佐川警察署に召喚され署長と問答することもあった。

中央がまきのさん。左は自由民権運動家の山﨑卯子。その後、学問に専念することが自分の使命であると考え、自由党を脱退した。