東京都

池長孟のおかげで借金から逃れることができたあと、妻のスエさんが生活のために「待合」をはじめた。「待合」とは、芸妓を呼んで宴席を開く店で、政府要人の密談の場や、企業の接待の場として利用された。

これのおかげでしばらくお金を得ることができ、スエさんは東大泉(練馬区)に家を建設する計画をたてた。関東大震災もあり、都会では火事が多いことから、田舎の雑木林の中に小さな一軒家を建てた。以降、まきのさんはこの家に住んだ。