東京都

『大日本植物志』を出版したころから、松村任三教授から敵意を示されるようになった。助手として東大に引き戻してくれ、『日本植物志図篇』を絶賛してくれた松村教授も、まきのさんが誰にもはばからずにどんどん研究成果を発表していくので、敵視するようになっていった。

松村教授はひそかにまきのさんを罷免しようとしていたが、内情を知っていた東大理科大学の学長・箕作佳吉が許可しなかった。ところが、内情を知らない人に学長が替わってしまったとき、松村教授の要望が聞き入れられ、まきのさんは罷免となってしまった。