東京都

『植物学雑誌』で大久保三郎とともに、新種を発表。学名は「テリゴナム・ヤポニクム」(Theligonum japonicum)、和名は「ヤマトグサ」。日本人で初めて、「学名」と「和名」をつけて発表した。まきのさんが22才のとき、仁淀川町名野川で発見した。

植物には「学名」という世界共通の名称があり、ラテン語で命名される。これまでは、外国の植物学者を通して外国の学術雑誌で、日本の植物の「学名」が発表されていた。まきのさんは日本で初めて新種の植物に自分で「学名」と「和名」をつけて、日本の学術雑誌で発表した。

日本人で初めて「学名」の発表をしたのは、伊藤篤太郎。「トガクシソウ」に「ランザニア・ジャポニカ」Ranzania japonicaと命名し、イギリスの植物学雑誌で発表した。

写真は、ヤマトグサが発表された『植物学雑誌』第二十三号の該当ページ。英文で記載されている。