高知県佐川町

佐川の土井謙護という人の寺子屋に行き、習字を学ぶ。そこでイロハから習った。

その後、佐川から東に離れた目細という土地で、伊藤蘭林という先生の寺子屋で習字・算数・四書・五経を習った。

明治時代になり町人にも学問が開かれたため寺子屋に入門したが、門弟のほとんどが武士の子供で、このときはまだ武士と町人の区別が残っていた。

たとえば、昼食のとき、あいさつが決まっていて、武士の子供は町人の子供に対して「下組の人許してヨ」といい、町人の子供は武士の子供に対して「上組の御方御免」といって食事をした。

この頃から、まきのさんは植物の採集や観察をはじめた。