高知県佐川町

東大を出禁にされても、負けじとまきのさんは『日本植物志図篇』の刊行を続け、第11集まで出版した。

第12集の準備を整理しているところで、実家の経営が傾き、財産整理のために佐川へ戻ってくれと連絡がきた。自費出版を続けることができなくなり、第11集で『日本植物志図篇』は打ち止めとなった。