東京都

急性の大腸炎で倒れたまきのさんは、高熱になり意識不明の重体となった。危篤状態は続き、心臓がとまり医師が臨終を宣言したので、立ち会った親族が末期の水を飲ませたところ、息を吹き返したのだった。